にきびのクレーターへの対応

せっかく治ったニキビをよく見ると、クレーターなどのニキビ跡になり目立ってしまう、なんてことありますよね。

そんなお悩みをメイクで目立たせなくすることができますよ。 クレーターの化粧下地は毛穴専用のものがおすすめです。

通常の下地よりも皮脂吸着成分が多く、毛穴やクレーターにすりこむようになじませると段差がなくなり、日中の皮脂ケアも行ってくれます。

カバー

これでファンデーションがクレーターに落ち込んで余計に目立ってしまうのを解消してくれます。
ニキビ跡もファンデーションだけでは隠し切れません。健常な肌とニキビ跡の肌の色に段差ができてしまっているため、
その部分をぼかすようにコンシーラーをなじませましょう。

赤みが強いニキビ跡にはイエロー系、茶色が強い場合は明るめのオークルやベージュが沈着した色を健常な肌に近付けてくれるのでおすすめです。
仕上げにファンデーションを全体的にふんわりなじませれば、あこがれの陶器肌に。 

少し手間はかかりますが、ベースをしっかりと整えるだけで、顔の印象は見違えます。
沢山塗るのではなく、薄く気になるところだけを重ねるのがコツです。
肌がきれいに整えば、薄いメイクでもきれいに映えますし、色も美しくのりますので、試してみる価値ありです。

やはり素肌美人には憧れがあります。

塗っていないかのようなナチュラルな肌。

そのためには上手く薄く重ねてカバーするかがカギですよね。

ナチュラル

結構これって化粧道具にも関わること。

ブラシを見直すだけでも大きく改善するのです。

安い化粧品でも、良いブラシで付けると全然仕上りが違うのです。

聞いたときは嘘だって思っていました。

けれど、実感したことがあったので、人にもこれは広めたいことです。