今現在ニキビができていなくても、

思春期にできたニキビ跡がクレーター状に残ってしまっていると、綺麗なお肌とは言い切れません。

クレーターになってしまったニキビ跡の治し方としては、肌の凸凹を平らにすることが必要です。

具体的な方法としては、クレーターになったニキビ跡部分にレーザーを照射することで皮膚を再生させたり、
ケミカルピーリングによって一旦凸凹になった部分を無くしてから新しい皮膚に入れ替えるというやり方があります。

ただ、これらの外科的方法は、一時的に肌に刺激を与えることになるため、敏感肌の方は注意が必要です。

クレーター

敏感肌の場合、肌に合わないと炎症を起こしてしまい、かえって肌が荒れてしまうこともあります。

ですので、必ず皮膚科や美容外科で医師と相談しながら進めていきましょう。

そうすることで、何か問題が起こってもすぐに対処することができ、悪化を防ぎます。

他にも、本来の肌の自己治癒力を高めることで、自然に行われるターンオーバーの中で改善を図っていくという方法もあります。

これは体内から体質を改善していく必要があります。

食生活の改善や生活習慣の見直しが主になります。

体内が健康になることで、治癒力も高くなり、肌も美しく透明感が増します。

また、強い肌に生まれ変わるので、トラブルを減らすこともできます。

ですので、外部的な治療と合わせて進めていくのが理想です。

刺激

食生活の改善も、なかなか難しいこともあるでしょう。

そんな時はサプリメントが役立ちます。

しかしこればかりに頼ってはいけませんので、できるだけ自然に栄養素を取り入れるように心掛けましょう。