ニキビ跡は一度できてしまうとなかなか治らないものですから、長い治療をするよりは最初からできないようにするのがベストです。
ではニキビ跡ができる原因は何かというと、基本となるのはニキビが上手く治らないということです。

例えばニキビ自体がひどく化膿してしまったというような場合には皮膚の内側の組織が壊れてしまうこともありますし、完治する前に潰してしまったり、破いてしまったりするとそれが後になって残るということもあります。

残る

そうした状態になってくると皮膚の組織が少なくなって細かい血管が透けて見える赤いニキビ跡や色素沈着が起きる茶色いニキビ跡になってしまいますし、さらに悪化すると皮膚そのものがえぐれたようになるクレーターになってしまいます。

こうした酷い状態になってしまった場合にはレーザー治療が役立ちます。レーザー治療は色素を破壊したり、皮膚を意図的に破壊して自然治癒力を高めるという効果があるのです。

ニキビ跡

跡にならないことが最も重要ですからこうした跡を残さないように原因を考えておくことも必要ですが、万が一跡がしつこく残るようであればレーザーによる治療があるということも覚えておきましょう。